肌に刺激が少ない商品を使って毎日保湿を続けています!

私は思春期の頃はニキビがひどかったのですが、20~30代で肌が変化するにつれ、だんだんと乾燥肌で敏感になってきました。加齢とともに肌の保水力も低下しているのだと思います。

まず、洗顔は強いものだとカサカサになってしまいます。

無添加の刺激が少ない泡の洗顔フォームで、洗っています。すすぎはしっかりしないといけないので、意識しています。

本当は毎日ゆっくりと洗顔し、化粧水を使いたいのですが、一人で小さな子どもと一緒に入浴しているので、そうもいきません。高い化粧品もきちんと使えないので、今は手ごろな価格の化粧水を入浴直後にたっぷりと使っています。

週末など、少し時間があるときには、化粧水をコットンでしっかりと入れたり、簡単なパックをします。10分ほどパックするだけでも、肌に水分が入って違いを感じます。本当は毎日このくらいのケアを続けられたらいいなと思っています。

顔だけでなく、全身の乾燥も気になります。夏以外は特に、足やお腹、腰まわりが乾燥しやすく、衣服とすれたりしてすぐに痒くなってしまいます。

これも、対策は入浴直後のすぐの保湿です。子どもも一緒に使えるクリームを全身に塗ってから服を着ます。時間が経ってからや、翌朝になって、また乾燥しているなと感じたら、再び塗るようにしています。

全身に塗るクリームは伸びの良いものでないと使いにくいです。伸びの良いクリームを塗った後、痒みがひどい個所には、うすくワセリンを塗って手を押し当てたりしています。

顔も肌も、以前はいいにおいのものを使ったり、自分で泡立てて洗ったりしていたのですが、刺激が気になってきて、現在は泡で出てくる無添加のものに変えました。赤ちゃんでも一緒に使えるというのは、大人も使って肌が良くなるなということを知り、ほとんどすべて子どもと同じものを使うようになりました。

入浴剤も効果的です。全身の保湿になるので、これも刺激の少ないものを選んで日常的に使用しています。

乾燥肌は放っておくと、どんどん悪化し、バリア機能が弱まるので、乾燥や痒みが悪循環になってしまいます。なかなかゆっくり手入れをする時間がないな・・と思っていましたが、気がついたらすぐに保湿、簡単なケアでも毎日しっかりと続けるということで、大きなトラブルなく過ごせているような気がします。

春や秋などの季節の変わり目や、黄沙などが多い時は、なんとなく肌も乾燥し敏感になってしまうので特に気をつけています。